やまびこ荘外観 やまびこ荘外観

やまびこ荘とは

やまびこ荘は廃校になった大沢里(おおそうり)小学校の建物を残してほしいと言う地元の声により、青少年宿泊施設として生まれ変わりました。
やまびこ荘グランドからはハイキングコースがあり、徒歩1分で仁科川へ、仁科川を車で15分下れば大浜海水浴場に行くことが出来ます。
海、山、川、自然を丸ごと体験できる立地条件にあり、お子様の宿泊体験や合宿には最適な施設です。

源泉かけ流しの温泉、温泉プールと廃校を利用したノスタルジックな雰囲気。
青少年の合宿や会社の研修のほか、一般の方のご利用も可能です。

やまびこ荘 階段 やまびこ荘 階段

施設概要

  • 温泉プール
    8:00~17:00
    ※12月~2月は休業
  • 日帰り温泉
    12:00~17:00
  • バーベキュー施設
    6人掛けテーブル×8台
  • 宿泊部屋
    全和室10部屋(4名~17名部屋)
  • 定休日
    10月~2月・木曜日(年末年始は除く)

※ペットのご同伴はできません。

  • 温泉

  • 温泉プール

  • バーベキュー施設

大沢里小学校
やまびこ荘の歴史

  • 明治 4年
    小学校4年生まで義務制となる
  • 明治 6年
    旧浜村 明倫館支校白川舎勤廉舎として白川に開校。
    その後、一色小学校徳風舎支校、仁科尋常小学校分教室と校名が変わる
  • 明治 23年
    教育勅語発令される
  • 明治 25年 7月
    大沢里小学校できる
  • 明治 40年 4月14日
    現在の建物 大沢里尋常小学校校舎落成
  • 大正 5年 9月15日
    大沢里尋常小学校に電灯を点火する
  • 昭和 2年 11月20日
    大沢里尋常小学校校舎の増改築が竣工される
  • 昭和 17年
    在校生のピーク 241名
    その後年々児童数は減少し 廃校当時の生徒数は1年生1名 2年生4名 3年生5名 4年生11名 5年生12名 6年生12名だった
  • 昭和 22年 4月 1日
    学校教育法施行
  • 昭和 44年 7月 21日
    大沢里小学校にナイロン式プールが完成
  • 昭和 47年 1月 17日
    町営祢宜の畑(ネギノハタ)温泉が湧出する。
  • 昭和 48年 3月 20日
    大沢里小学校が仁科小学校との統合のため閉校 65年の歴史に幕を閉じる
    廃校までに1572名の卒業生を送り出した
  • 昭和 50年 8月 7日
    地元住民より大沢里小学校校舎存続の強い要望があり、山村振興による宿泊施設にするため、旧大沢里小学校を改装に着手する
  • 昭和 51年 7月 1日
    青少年宿泊施設「やまびこ荘」が開業する
  • 昭和 54年 7月 8日
    豊富な温泉を利用して25m5コースの温泉プールが完成
  • 昭和 62年 3月 14日
    食堂棟が完成。1階に男女更衣室・トイレ 2階に調理室、食堂を整備した
  • 平成 7年 4月 1日
    大沢里郵便局廃局に伴い、町営やまびこ荘6号室に「やまびこ簡易郵便局」を開設する。
  • 平成 22年 9月
    耐震補強及び改装工事開始 「やまびこ簡易郵便局」移転
  • 平成 23年 4月
    リニューアルオープン

お部屋のご案内

やまびこ荘 お部屋 やまびこ荘 お部屋

やまびこ荘は
豪華な食事があるわけでも、
贅沢な部屋に泊まるわけでもないけれど、
何か懐かしくて、何故かほっとするんです。

やまびこ荘は小学校を改装し。誕生した宿泊施設。
建物内部には小学校時代の面影を残したどこか懐かしい空気を 感じられる建物です。

他の宿泊施設では味わえない空気感の中で、
是非、ごゆっくり御寛ぎください。

  • 備品:浴衣(子供用は無し)
    ポット(貸出)
    ボディーソープ・リンスインシャンプー・固形石鹸(浴室に設置)
    ドライヤー(男女脱衣所に設置)

    チェックイン
    15:00~18:00
    チェックアウト
    10:00

お電話でのご予約は下記の番号よりご連絡ください。

TEL: 0558-58-7153 (営業時間 9:00〜17:00)

※取材・撮影希望の方は、西伊豆町役場まちづくり課観光係へ
ご連絡をお願いいたします。
西伊豆町役場まちづくり課観光係
TEL:0558-52-1114

◎・・全室空き 
○・・空き余裕有り 
△・・空き半数以下 
数字・・残り部屋数 
×・・満室

アクセス

公共交通機関の場合

JRをご利用の場合
東京→三島 (新幹線)・・1時間
新大阪→三島(新幹線)・・3時間
※三島駅にて伊豆箱根鉄道に乗り換え

伊豆箱根鉄道(駿豆線)
三島→修善寺・・35分
※修善寺駅より東海バス 松崎行きに乗り換え

東海バス
修善寺→浜橋・・1時間30分
浜橋→祢宜(ネギ)の畑バス停下車・・31 分徒歩3分
[注意 やまびこ荘へのバスは登り下りとも日に 3 本しかありません]

車の場合

▪️東京→沼津IC  1時間45分
▪️名古屋→沼津IC 3時間


【カーナビ使用注意】
やまびこ荘へのルートは、仁科峠から下る『山ルート』と海方向から仁科峠に上る『海ルート』があります。 カーナビでは『山ルート』を示しますが、こちらは林道で道幅が狭くブラインドカーブが続き神経を使う道です。 仁科川沿いを登る『海ルート』をお勧めします。

沼津IC→下田方面 伊豆縦貫道へ入る→伊豆中央道(有料 200 円)→修善寺道路(有料 200 円)→天城北道路月ケ瀬インターチェンジ→国道136号→土肥→宇久須→堂ヶ島

堂ヶ島を過ぎたら5分ほどで左手にベスト電器、更に150mほど進むと右手にスーパーあおき・左手にコンビニ(セブンイレブン)のある「浜橋」交差点を左折。
仁科川にそって一本道となります。
途中、道幅が狭くブラインドカーブもありますので、運転には十分注意してください。
採石場を過ぎると人家がなくなり、10分ほど走ると再び集落が現れます。
右手にやまびこ荘の看板がありますので右折して入ってください。